全日空株主優待券の買取りってできるの?

全日空株主優待券の買取りってできるの?

全日空株主優待券ってどんなものだろうと疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

全日空株主優待券とは、ANAの1000株以上の株主に年2回配られる優待券のことを言います。

これを利用するとなんとANAの国内線に50%OFFで乗ることができるそうです。

この株主優待券は本人以外も使えるためオークションや金券ショップで買取り、手に入れることができるのです。

相場としては5000円前後でオークションだともっと安い場合もあるそうなので、買取りをする前に軽く調査することが必要です。

年末年始や夏休みは少し高くなる傾向がありますし、逆に有効期限が近づいているものですと安くなる傾向があります。

有効期限である11月末と5月末に乗る予定がある場合は、この時期に狙ってみましょう。

1枚で片道分なので、往復で乗る場合は2枚必要です。

あまり身近に感じない全日空株主優待券ですが、使い方によってはとてもお得で便利なものですので、買取り予定がある人は、事前の調査を行っていくと良いでしょう。

全日空株主優待券の買取りをしてお得に飛行機ライフ!

「全日空株主優待券を買取りするとお得だって聞いたけど、どうお得なのか分からない。

」という方もいるのではないでしょうか。

全日空株主優待券は年末年始やゴールデンウィーク、お盆や連休の始めや終わり、卒業、入学、転勤移動などの時期に利用されることが多いそうです。

その他では、割引運賃の設定がない路線や割引運賃よりも株主優待券の方が安い路線などに利用されます。

しかし、ANAには「旅割」「特割」というものがあり、東京大阪間では旅割の方が安い場合もあります。

それでは、全日空株主優待券を購入する意味がないと思いますが、そうでもないのです。

優待券では先に述べたように年末年始も予約が取りやすく、予約後に搭乗便の時間変更ができるのです。

便利な全日空株主優待券を買取

この旅割や特割は安いですが、予約すると時間変更ができず、急な変更には対応できないだけでなく、日程が変わると高くついてしまうのが特徴です。

それでも、安さに挑戦するのであれば、株主優待券の買取りよりも旅割などで予約したほうが良いかもしれません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。


現在、コメントフォームは閉鎖中です。